settings64.shがzshで動かないとかいうアレ

grafi氏も書いてたけど、

cp ${HOME}/Xilinx/14.4/ISE_DS/setting64.sh ${HOME}/Xilinx/14.4/ISE_DS/setting64_default.sh
vim ${HOME}/Xilinx/14.4/ISE_DS/setting64.sh

をしてから

:%s/==/=/g
:%s/in $xlnxInstLocList/in ${=xlnxInstLocList}/g
:wq

でどうにかなるっぽい。他のシェルはわからないです。

参考にしたもの:


課題2のファイル(3synth)をシュミレータ(modelsim)でコンパイル出来ない時の解決法

iseだとコンパイル出来るけど、modelsimだと、 top.vhdが"Library unisim not found"のようなエラーをおこしてコンパイル出来ない。

エラー内容から予測できる通り、modelsim側がunisimライブラリの場所を把握していないので、 ライブラリを追加してあげればよい。

Vcomponentをコンパイルしてunisimライブラリに入れる。

vcom -work unisim ~/Xilinx/14.4/ISE_DS/ISE/vhdl/src/unisims/unisim_VCOMP.vhd

上のように入れればコンパイルできるようになる。
(とりあえず一旦ここまでです。シュミレータで動かす必要あったのかとか、動くのかとかまだチェックしてないです…。)

Vcomponentsってなんぞっていうのは、unisim_VCOMP.vhdをみれば分かるのかな。
ドキュメント見つかったって方は教えてください。

※ ISE経由でやると↑のようなことをやらなくてもいいようです

これを読んだ - http://japan.xilinx.com/support/answers/6250.htm - http://www.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx11/ise_c_simulation_libraries.htm


HWExprClassCategory

nemunemu/ハードウェア第3回メモ (last edited 2013-05-04 15:55:32 by nemunemu)